【海外 台湾】 九份の絶景夜景に感激!まさに千と千尋の世界!

皆さまこんにちは!飯島かさほです。

ご無沙汰してしまいました!

秋田の観光スポットの写真が整理できていないので、今回は過去に飯島が感動した景色をご紹介します。

今回は海外、日本からわずか2時間ほどで行ける台湾!

ジブリ映画「千と千尋の神隠し」のモデルとも言われる九份の景色を載せていきまーす☆

◇ ◇ ◇

提灯ともる幻想的な町「九份」

私が台湾を訪れたのは3年前、2015年です。当時友人が台湾に在住しており、台北を中心に案内してもらいました。

九份までは台北からバスで行ったのですが、チケット購入は友人がしてくれたし、バスにどこで乗車したかも全く覚えていない!笑

なので、今回は写真と私の思い出話を楽しんでいただければと思います。

九份の町は台北からバスで1時間半、次第に賑やかな街から長閑な田舎の風景へと変わっていきます。

途中は高速道路も経由するので快適ですが、九份に入ると道幅が狭く標高も高くなってきて、でも変わらずブンブン走るので割と揺れます。

車酔いが激しい私は、薬を飲んでおいて正解でした。

九份のお茶屋さんやお土産さんが並ぶ目的の観光地「九份老街」は、バス停からすぐです。バスを降りたらもう観光の始まり。

九份の町に着いてまず最初に思ったことは、すごい人混み!!平日に行ったのですが、道が狭いこともあって、ゆっくりゆっくり、時には人とぶつかりながら進みます。

ご当地グルメやお土産屋さんが道中にずらりと並び、とにかく賑やか&華やか!歩いているだけでわくわくしました。休日ともなるとさらに人でごった返すそうなので、雑踏が苦手な人は覚悟して行った方がいいかも?!

私が特に印象に残ったのが、このオカリナ屋さん。実は九份の工芸品の1つだそうで、多くの店で売られていました。

私が思わず立ち止まったのは、この方の絵付けです。たくさんの筆を使い分け、小さなオカリナに鮮やかな模様を描いていきます。黙々と絵付けする作業は、職人でありアーティスト、とても魅力的でした。ぜひこの方が描いた作品を買いたいと思い、ここでまとめてお土産購入!そのオカリナは今もデスクの横に飾ってあります。

そう、残念ながら私はオカリナが吹けない!

一応買ったときに説明書や簡単な曲の楽譜がついてきましたが、トライせず。。お店のおじさまは、私たちが日本人だったからか「となりのトトロ」などわかる曲をたくさん吹いてくれていましたよ。

吹くことはできないけど、見ているだけで旅のときめきが蘇ります。何より、世界に一つしかないお気に入りのデザイン。これからも大切にします。

お土産を買ったり、食べ歩きしたりしながら、ついにたどり着きました。「千と千尋の神隠し」を思わせる九份一のフォトスポット!まだ明るい時間だったので、夕闇と光のコントラストはイマイチですね。

この場所は狭いながらもちょっとした展望台のようになっているのですが、とにかくすごい人!この一枚を撮るために、激しい場所取りに巻き込まれます。割り込んで撮るつもりもないので、後方からゆっくりと順番待ちしていましたが、押されるわ踏まれるわでもう大変!

でもせっかくなら、前の人の頭とか入っていない写真が撮りたいですからね。このフォトスポットも覚悟して臨んでください!

台湾と言えばお茶です。烏龍茶。この鈍感な舌の持ち主である飯島ですら、その美味しさは本当に本物だと感じました。

肝心のお茶の写真は行方不明で申し訳ないのですが、ここ九份老街にも老舗のお茶屋さんがたくさんあります。

ちなみに本気のお茶屋であって、日本のいわゆる遊郭などにあるお茶屋とは全く違います。

お店を入るとたくさんの茶葉がカウンターに並んでいます。葉っぱにくるまれているような、奥深い香りが漂っていました。台湾のお茶碗は、日本のおちょこのような小さいサイズ。温かいお茶を何度も汲んでいただきます。

ちなみにお土産で買って帰ったのは台北にある「嶢陽茶行」さんのお茶っぱ。缶と箱のタイプ、葉っぱとティーパックのタイプがあります。中でもこの缶タイプはとにかく見た目からして可愛いのでとても人気です。

私はピンク色の「東方美人」と水色の「桂花烏龍」がお気に入り。そこそこいいお値段ですが、友人や家族みんなが喜んでくれたので本当におすすめです。

台湾茶の美味しさに魅了された私は、最後の一つを飲み干してからネットで探して注文しました。でも、やっぱり違う。安いのにしたからかな?

台湾茶は、味はさらりとして烏龍茶に違いないのですが、香りがとても芳醇です。甘くまろやかと言ってもいいです。心地よい香りに包まれながら、体にナチュラルに浸透するお茶を飲んでいる感じです。緑茶は口にお茶の味がダイレクトに飛び込むし後味として残る。台湾茶はそれが香りで演出されている感じです。

ぜひお試しあれ!

お茶屋さんを出ると日も暮れてきて提灯の煌めきが良い頃合いに。

しかしここでタイムアップ。もう少し暗い空の下の幻想的な九份を楽しみたいところでしたが、帰りのバスの時間があったので九份とサヨナラしてきました。

九份の風景を見て、台湾の人が抱く感情と日本人が抱く感情はやっぱり違うのかな?私はやっぱり、別世界に迷い込んだようなドキドキ感と、ポツリポツリと広がってゆく灯りに酔いしれる感覚がしました。台湾の人はもしかしたら、ノスタルジーを感じるのかもしれませんね。

写真は、最後にバス停から撮った景色。九份老街が高台であることがわかります。すぐ下は荘厳な寺院でした。後は山。緑。ちょっとした田舎の風情も感じながら、台北から1時間半で訪れられる九份。台湾の必見スポットです。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6058951152525387”,
enable_page_level_ads: true
});

◇ ◇ ◇

懐かしの台湾旅行のお話をさせていただきました。ほかにもたくさん行ったし写真も撮ったのですが、デジカメで撮った方の写真が見当たらず。゚(゚´Д`゚)゚。

実際に台湾で暮らしている友人が案内してくれたので、任せっきりの旅でした。これほど自分で何もしなかったのは初めて!っていう旅。友人は、普段から自分が行っている飲み屋さんやご飯屋さんに連れて行ってくれて、ローカルな旅ができたことがとても嬉しかったです。

最後に、私が台湾旅行で自分に買ったオカリナです。花々の可憐でみずみずしい絵付けがとても気に入っています。

旅行ではお土産選びも一つの楽しみなわけですが、自分の分を買うのをいつも忘れるんですよね。でもこの時は、絶対に自分はコレって選んだんです。

これを見ると、異国の地で友人と久しぶりに昔話したりバカ話したりマンゴーかき氷に感動したり、とにかく楽しすぎた数日が蘇ります。

物に想いが宿るというのは、こういうことなのかもしれませんね。

それでは、今回はこれにて!

次回はまた秋田のこと書きますね!

お付き合いいただきありがとうございました。

飯島かさほ☺︎

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. はじめまして(^^♪
    台湾旅行を検討しているところです。
    やっぱり九分、いいですね~(^.^)

    • 飯島かさほ より:

      コメントありがとうございます!!
      台湾へ行かれる予定なんですね♬九份は本当に映画の一コマみたいでおすすめです。茶屋に入ればのんびりした時間も過ごせます。
      しだいに光が灯ってゆく提灯の景観、ぜひ見てみてください!そしてまたお話ししまょう(o^^o)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。